おはようございます。
東京・埼玉の姿勢改善専門スタイルトレーナー北村智哉です。

皆さんは、テレビや雑誌なので下記の様なエクササイズを目にしたことはありませんか?

ヒップアップや、お尻を小さくしようとするエクササイズの中に紹介されていることが多いかと思います。
実際に私のクライアントの方もパーソナルを受ける前に積極的にされている方もいらっしゃいました。

しかし、このエクササイズは、フォームが少しでも変わってしまうと、全く違う効果が出てしまいます。

それは・・・腰を反らせてしまったり、お腹の力を抜きやすくなってしまう効果が出てしまいます。
この運動は、股関節を動かし、殿部・大腿部(腿裏)に刺激を入れていく種目です。

この動きは股関節伸展という動きになるのですが、ほとんどの方が脚を挙げすぎている傾向があります。
脚を挙げる高さは、床と平行のライン0°~15°程度までです。

つまり上記の絵のように上げてしまうと、目的の部位以外の部分に刺激が入ってしまうのです。

上記の写真まで上げてしまうと、お腹の部分下に落ち込んできます。

これはお腹を引き上げるという動きが出来なくなるので、先程お話したようにお腹の力が抜けてしまい、立った際にお腹を前に突き出すような姿勢を取りやすくなります。

また腰が反ってしまうため、これも腰の筋肉を緊張させてしまい、お腹を突き出すような姿勢をとってしまったり、また出っ尻のような姿勢も取りやすくなります。

これによってヒップアップするどころか、ますます大きくなるという事態に陥りやすくなります。

運動する際に関節の動く範囲や動きのメカニズムを知っておかないと意図した効果が出てこなくなり、さらにマイナスの部分が強くなる可能性がありますので、専門家に指導してもらってからトレーニングを行う事をお勧めいたします。

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

スタイルトレーナー北村智哉

広告