こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

「日和見菌」、この言葉を聞いた事はあるでしょうか?

なかなか聞き慣れないので、知ってる方も少ないと思います。
これは人間の腸内に存在する菌のことで、善玉にも悪玉にもなる菌です。

普段は人間の腸内で善玉の働きをしている菌ですが、色々な要因が重なり、その人の体調などが崩れることで、この善玉として働いていた菌が、今度は一気に悪さをしてしまう菌なんです。

これには、代表的なものとしては、バクテロイデス・大腸菌(無毒株)・連鎖球菌などがあります。
ビタミンの合成や他の病原菌の定着を防ぐ働きを持っています。

つまり、この日和見菌とは、自分次第で、善にも悪にも傾く腸内細菌ということなんです。

では、この日和見菌を上手くコントロールして体調を崩さないようにするためには、もとから存在する善玉菌を上手く増やしてあげることが必要です。

善玉菌とはヨーグルトによく表示されている乳酸菌やビフィズス菌です。
そして、これらの善玉菌を増やすためにはが必要になります。

それが、食物繊維(海藻類、果物)、オリゴ糖などです。
これは腸内細菌の餌となりますので、これらを積極的に摂取をおすすめします。

乳酸菌やビフィズス菌ヨーグルトや健康飲料などでもいいかとは思いますが、これらが含まれている食品を摂取したとしても、胃の胃酸によってほとんどが死滅すると言われています。

ですから、直接その菌を摂取するよりも、腸内細菌の餌となるものを摂取した方がいいように感じます。

しかし、いきなりなんでこんな事を書いたのか?いつものブログとなんか違うと思った方もいると思います。
でも、それには、ちゃんと理由がありますが、また後日書きたいと思います。

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告