こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。


トレーニング中にク
ライアントの方からあることを言われました。
何を言われたかというと・・・

「お腹のトレーニングいないのにウエスト周りがくびれてきた!なんでですか?」
という事です。

私のセッションを受けて頂いてるクライアントで、そういった事を何度か言われたのですが、私からしたら、ごくごく当たり前のことであり、私自身は、お腹をくびれさせたいのなら、腹筋運動はしなくても十分と考えています。
腹筋運動 クランチ

クライアントのトレーニングメニューの中に腹筋運動を入れてる方もいますが、優先順位としては、とても低いですし、やらないで他のトレーニングをする事もあります。

その理由として、ウエストのくびれを作る・お腹をぺったんこにするということです。
では、その目的であるウエストのくびれを作るための筋肉って何?お腹をぺったんこにする筋肉って何?って事に繋がります。

その答えは・・・全身の筋肉がお腹を凹ますのに関与しているのです。
これって意外ですよね。

直接的にお腹をぺったんこにしたり、くびれを作る事に関与していないくても、間接的に関与しているのです。

お腹の筋肉だけでなく、〇〇も関係しています。

人間というのは、地球上に立って生活をしています。

その中で重力というものを感じ、またそれに抵抗しながら、立ったり、歩いたりしています。

しかし、この重力というのが厄介で、皆さんは綺麗にこの重力に抵抗して立っているかというと、立てられていません。

その証拠に、反り腰、猫背といった姿勢の変化があります。

この姿勢の変化というのは、重力に抵抗したいんだけども、上手く身体の位置をコントロール出来ないために姿勢が変化してしまっているのです。

その結果、使わなければいけない筋肉を使えなかったり、一箇所を酷使して立っている状態が出来てしまい、それによってお腹…つまり腹筋群が使えないために、お腹が緩んで、現在の体型が出来てしまったという訳です。

もちろん、食べ過ぎなどのカロリー過剰摂取なども原因として挙げられますが、お腹だけボコッと出ている人の多くは姿勢がいい状態にとれていないためになってしまったのです。

ですから、私は腹筋運動させる事よりも、お腹をうまく使える姿勢に持っていきたいので、腹筋運動はあまりやらないのです。

姿勢を理想的な位置に持ってくれば、自然とお腹に力が入り、少しずつですが、お腹がくびれてきたり、凹んできたりします。

これによって、私のクライアントが実際にそうなっていますしね。

では、どの姿勢がいいのか?ということになりますが、細かい部分に関しては、実際にその状態を見てみないと分からないので、1番はパーソナルを申し込んでいただくのがいいかと思います。

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告