こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

今日は、いつもクライアントの方とカウンセリングでお話しをさせて頂く際に考える「自分が当たり前・普通に思ってる事」についてお話させて頂きます。
皆さんは、自分が普段、「当たり前」・「普通」って思ってる事っ周りに他の方々と同じような感覚なんでしょうか?

例えば、普段の姿勢。
その姿勢は誰と比べて、普通や当たり前と思っていますか?
隣にいる人でしょうか?
それとも同じ職場の方でしょうか?
それともお友達?

比較対象は人それぞれだと思います。
しかし、その比較対象の方が、本当にそれが普通だったり、当たり前なんでしょうか?

要は、あなた自身が見たり、聞いたりしていることを素直に受け止めてしまうのは、いささか危険な気がするということです。

今日、情報というのは様々な所から入手できます。
ネット、テレビ、雑誌、口コミなど様々です。
しかし、それらを鵜呑みにしてしまうと失敗したり、間違った方向に進んだり、成功することもあります。

例えば、ココナッツオイルや亜麻仁油がテレビや雑誌などで取り上げられると、多くのスーパーからそれらが売り切れたり、入荷待ちのような状況になりました。
クライアントの方では、買う方はいませんでしたが、セッションの中では多く方に色々聞かれました。

私は、2つとも流行る前から使っていたので、いざ流行り始めるといつものが買えなくなるので、かなり困惑しました(笑)

情報を入れたら整理してみましょう。

そういったこともあり、皆さんに言いたいのは、色々な情報を入れて精査することです。
ひらめき 情報
情報を精査することで、本当にその情報が合っているかなどの確認にもなります。

ホントにその情報がどうなのか、多方面から考えてみる。
ネットや人から聞いて、自分なりに考えてみる。

それにより、その情報が精査され、正しい情報を得ることができる確率が高くなると思います。

クライアントにパーソナルのカウンセリングで食事の量の事を聞くと、決まって「普通の量です。」と答えます。
しかし、私は鵜呑みにしません。
なぜなら、その人の普通は自分の普通と違うことが当たり前だからです。

日常生活リズムや家族構成・職種などが1つでも違えば、食べ物、タイミングなどが変わります。
ですので、「普通の量」「みんなと変わらない」と言われたら、そこから深堀していきます。

皆んさんも1度比べてみてください。
そして、それが本当にそれが自分の思っていた「当たり前」「普通」と合っているのか?そして、それらを精査してみてください。

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告