こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

今日は、「魚の目」に関して書いていきます。

足の裏や指と指の間に出来る「魚の目」ですが、なんでこんな所に?っていうところにも出来ていたりしますよね。

なぜその場所に皆さんは出来るかご存知ですか?

「魚の目」というのは、角質化した部分の中央に芯(核)ができ、ヒフの奥深く(真皮)へと入り込んでいったものです。

実際に出来た所を触ると、硬い芯が真ん中にあり、周りの皮膚を取ったとしても、芯が残った状態になり、またその周りに皮膚が再生し、硬くなるという状態になってしまいます。

こうなると、皮膚科などに行って、取り除くのがいいと思います。

しかし、またそこに出来る可能性はあります・・・。

処置は結果に対してのものであり、原因に対してはアプローチできていないので、今日はそこを話したいと思います。

魚の目の原因とは・・・?

「魚の目」の多くの原因は、合わない靴です。
靴 女性 ヒール.jpg

どうしても足の形に合わない靴を履く事で、特定の部位が圧迫・摩擦し、そこの皮膚が硬くなるというのが大きな原因としてあげられます。

特にヒールやブーツなどの先が細い靴などを多く履く方に多いと言われています。

しかし、それ以外にも原因はあります。

それは体重の乗せ方です。

人は日常立って生活をしています。

その時に唯一地面と接している部位は足底ですし、立ってる際の全体重が乗ります。

しかし、全体重が過剰に特定の箇所に乗ってしまうと、そこにかかる圧迫などが増加します。

では、なぜそのような状態になるのか?

それは、身体全体の姿勢や足裏の足の形です。

身体全体の姿勢が崩れてくると、それによって足裏の体重の乗り方変わります。

そうなると、過剰に体重が乗る部分が出てきてしまい、そのような状態になってしまうのです。

また足裏の形・・・もっというと足裏のアーチが崩れるとダメです。
足裏 魚の目

「魚の目」のある方の足裏を見させて頂くと、足裏のアーチが崩れていて、そのため体重の乗り方が偏っている事が多いです。

「魚の目」を根本的に改善するということであれば、やはり姿勢を修正したり、アーチを改善するようなトレーニングが必要だと考えられます。

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告