こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

皆さんは、股関節を伸展動作をする際に、ちゃんともも裏に力が入っていますか?

股関節伸展という動きは、大腿骨をこのように後ろへ持ってくる動作です。
股関節伸展 股関節 臀部

この動作は主にハムストリングスというもも裏の筋肉、そして臀筋群(お尻)が働きます。

しかし、いざ、クライアントの方にこの動きをやってもらうと上手くハムストリングスに入らない事が多いのです。

そうなると、普段の生活でも、もも裏の筋肉やお尻に力が入らず、弛んでしまう可能性があります。

今日は、そうならない為のポイントをお伝えしていきますね。

エクササイズを行ううえでの落とし穴

皆さんは、このようなエクササイズをすることはありますか?
ヒップリフト ハムストリングス 臀部

ヨガやピラティスでもやるエクササイズですが、これを私のパーソナルトレーニングを受けて頂く多くの方にやって頂くことが多いです。

このエクササイズを行い、ハムストリングスを使う事で、細い脚やふくらはぎを作るために必要な事なので、とても重要なんです

しかし、このエクササイズを行っても、ハムストリングスに上手く力が入らない方もいるのですが、それはなぜでしょうか?

以下の理由が挙げられます。

  • 腰背部を使ってエクササイズをしてしまっているからです。
  • 多いのが、ふくらはぎを使ってしまうことです

1つ目の「腰背部を使ってエクササイズをしてしまっている」方は、このエクササイズ時に、腰を反り、お臍と鳩尾の間を上に向かって突き出すように挙げようとします。

しかし、これでは、ハムストリングスを使った股関節伸展という動作が上手く起きず、腰椎伸展という腰を反り挙げる動作になってしまうのです。

これでは、ハムストリングスに力を入れようとしてもなかなかはいりません。

そして、このままやり続けてしまうことで、立位時にお腹を前に突き出した姿勢になってしまったり、出っ尻のような姿勢になってしまうのです。

2つ目の「ふくらはぎを使ってしまう」方は、このエクササイズを行ってもらうと、少なからずですが、爪先立ちのような形で行います。

すると、ふくらはぎの力を大きく利用してしまうので、股関節伸展を行うことができず、ふくらはぎに効いてしまうのです。

これにより、ふくらはぎのくびれが出来ず、ひざ下から踝の所まで太さが変わらない脚が出来上がってしまいます。

では、どうすればこれらが防げるのか?

そして、上手くハムストリングスに力が入り、エクササイズが行えるのか?

これはまた、次回にお話ししたいと思います。

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告