こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

前回のブログでは最後に、「股関節の動きを意識し、上手にハムストリングス(もも裏の筋肉)を使えるポイントがある」というところで終わりましたね。

まだ前回・前々回のブログを読まれていない方がいらっしゃいましたら、こちらからご覧ください。

もも裏の筋肉は、使えていますか?

もも裏の筋肉は、使えていますか? その2

では、早速本題に入っていきましょう。

〇〇の方向を考えてみよう!

前回までのブログで登場している下記のエクササイズですが、エクササイズ中に「股関節の手を置く」以外で、「股関節の動きを意識し、上手にハムストリングス(もも裏の筋肉)を使えるポイント」というのがあります。

それは・・・ヒップリフト ハムストリングス 臀部

「力の方向」です。

力の方向といっても、臀部や股関節をどの位置に持っていくかを意識するのではなく、足裏に対して、どの方向に力をかければいいのかということです。

下の2枚の写真を見てください。
ヒップリフト 股関節 臀部 ハムストリングス
この2枚を見比べたときに、どちらが上手くハムストリングスを使っていると思いますか?

正解は、です。

左の写真は、足裏で床を下に向かって押すという力が働いています。

この時に、押すという動作によって出た力が、床から反発して身体に同じ力が伝わってきます。

すると、この力が各筋肉・関節に伝わり、臀部を持ち上げるという股関節伸展という動きが出てくるのです。

これによって、ハムストリングスを使うこと出来ます。

右の写真は、多くみられる力の出し方で、脚全体は、ただ踏ん張るだけの力が入っています。

すると、関節は、それ以上に動かないように固定されますので、そこから動かすとなると、違う関節が動きのサポートとして動かなければならず、結果的に目的以外の筋肉が使われてしまうのです。

もし、このエクササイズで上手くハムストリングスや臀部の筋肉に力が入っていないという方がいらっしゃいましたら、今回の右の写真のようなやり方かもしれませんので、ちょっとポイントを変えてみてはいかがでしょうか?

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告