こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

前回の続きですね。

前回のブログをまだ読まれていない方は、こちらからご覧ください。
〇〇のハリで、浮腫みが出やすくなってしまいます。

今日は、最初に大腿筋膜張筋の作用に関して、皆さんに知って頂きます。

この大腿筋膜張筋は、主に股関節の動きに関わってきます。
大腿筋膜張筋 股関節 浮腫み 臀部

股関節の内旋(大腿骨を内へ捻る)・屈曲・外転、膝関節の外旋(脛の骨を外へ捻る)の動きに関与してきます。 ですので、歩行時や階段を昇る際に縮んでくれるわけですね。

別に日常的に使われているのだから、問題ないじゃないと思うかもしれませんが、この筋肉が厄介なのは、あまりにもこの筋肉が使われると、この筋肉が優位になってしまい、ある動きを行うときに邪魔をしてしまうのです。

その動きとは・・・股関節伸展・屈曲です。

股関節 屈曲 伸展

この2つの動きを行う時に優位になると理想的な動きではなくなってしまうのです。

股関節伸展が出来ないとお尻が落ちた体型になりやすいです!

まずは、股関節伸展。

股関節伸展というのは、脚を上の絵のように動かす動作です。

この時に大腿筋膜張筋は、伸張(いわゆる伸びる)状態になりますが、その時にこの筋肉が普段から優位になっていると、伸張制限をしてしまいます。

そうなると、股関節伸展が行えず、臀筋群、もも裏のハムストリングスなどの股関節伸展時に収縮すす筋が収縮しにくくなってしまいます。

そうなれば、臀筋群は衰えてしまい、お尻が落ちた体型になりやすくなってしまいます。

また、股関節伸展が出来ないことで、もも前の筋肉が伸びにくくなり、太く張ってきやすくなります。

では、次に股関節屈曲です。

股関節屈曲では、先ほど書きましたが、大腿筋膜張筋は収縮するのに、なんで厄介なのかという疑問を持つ方もいるかと思います。

そのためには、少々、股関節の構造をお話ししないといけません。その構造に関しては、また次回にお話ししたいと思います。

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告