こんばんは。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

皆さんは、トレーニングをする際に鏡を見ますか?

それとも見ないでトレーニングをしていますか?
鏡 トレーニング

私は、極力見ます。別にナルシストなわけではありませんが、

そういう気持ちがもしかしたら・・・あるかもしれませんw

皆さんの中では、トレーニングをする際に1度も鏡を見てやったことないという方もいるでしょう。

しかし、私は絶対に鏡を見てトレーニングをするべきだと思います。

鏡を見ながら行うと、効き方が違う。

ジム内に鏡が設置してあるところは、基本的にはフリーウェイトゾーンにしかありません。

マッチョな男性に混ざってトレーニングするのは、女性からしたら気が引けてしまうかもしれませんね。

別に混ざらなくても遠目からでもいいので、やって欲しいんです。

なぜか?

トレーニングというのは「意識」が大事です。

どこの筋肉を使って、どこの関節を動かしていくか、また重心はどこに置くかなど様々なことに意識を向けます。

しかし、それは鏡がなくても意識は出来ます。

鏡を利用する意味は、トレーニングのフォームです。

例えば、スクワットをするとします。
スクワット 女性 トレーニング エクササイズ

トレーニング中は下半身を意識したり、体幹部を意識したりします。

しかし、膝の位置やお尻の軌道などは目視は難しいですよね。

もし、それが少しでも目的のフォームの軌道とはズレてしまえば、身体に入る刺激は変わります。

それが結果的に、目的とは違う運動効果を出してしまうことがあります。

つまり、鏡を見てトレーニングをすることは、目標や目的にあったトレーニングフォームをチェックし、的確に目標や目的を達成するために必要なポイントなのです。

また直接見難い箇所の筋肉を鏡を使ってみることで、より一層その筋肉を意識でき、刺激も入れやすくなります。

パーソナルトレーニングやペアでトレーニングしている時は、フォームなどはチェックしてもらいながら出来ますが1人の時は難しいですよね。

もし、1人でトレーニングする際に鏡の前で行えるのなら、1度行ってみてください。

もしかしたら新しい発見があるかもしれませんよ。

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告