こんばんは。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

皆さんは身体を痩せさせたり、筋肉をつけていくには何歳が限界だと思いますか?

夫婦 ウォーキング 運動

人それぞれの答えがあるかと思いますが、私はいくつになっても可能だと思います。

20~30歳で筋肉のピークを迎える

人は、文献などをみると平均的に20~30歳で筋肉のピークを迎え、そこから年々筋肉は落ちていき、筋力も衰えていきます。

それに伴って、基礎代謝も落ちていくので、「中年太り」という現象が起きます。

中年太り メタボ ビール腹

※基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動(内臓を動かす・体温を維持するなど)に使われるエネルギーのことを指します。

男性は平均1500kcal、女性は平均1200kcal前後といわれています。

中年太りが起き始めの年齢でしたら、しっかりトレーニングしていくことで付いていきます。

実際にジムの会員さんでも、このように感じる方は多いと思います。

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、身体を動かすというのは大変かと思います。

昔、アメリカのトレーニングに関する実験でこういうものがありました。

「60~72 歳男性を対象に、膝関節伸展・屈曲筋群に対するレジスタンストレーニング(80%1RM 強度)を 12 週間(週当たり 3 回)実施し、大腿四頭筋断面積に 9%・大腿部全体の筋断面積に 11%の増加が認められた」

これ以外にも、同様の実験で、高齢者に対して若年齢者と同じような筋肥大効果がみられるという結果が出ています。

私の60歳のクライアントの方でも、以前は「昔はすぐに動けたし、体力もあったが、今はキツイ」とおっしゃっていました。

しかし、長期的にトレーニングを継続して頂くと、「30分歩いても息切れをしなくなり、下半身がしっかりしてきた。体重も少しずつだが落ちてきた。」

と感じて頂き、周りの方々からも「痩せてきたね。」と言われるそうです。

この方のトレーニング内容を見返すと、そこまで厳しいトレーニングをやってるわけでは、ありません。

週1回のパーソナルトレーニングと自主トレで、身体を上手く動かす事をメインでやるトレーニングを行っており、その中に少し強度が高いエクササイズを入れているぐらいで、筋肉痛が起きるほどのことはやってないんです。

ちょっとした動きやコツ、そういったものをセッションの中で通して、クライアントの方にお伝えしてるだけで、立つ時にどうやって重心をのせるか、歩く時の意識、普段心がける運動やストレッチなどです。

痩せるにも、筋肉をつける事にも年齢は関係ない。

先程お話した実験や、クライアントの方の例をとってみても、大変な量のトレーニング量でなくても徐々にですが、身体を変える事が出来ます。

誰しも普段の生活を見直すだけです。

ウエストを絞るのに、キツイ腹筋運動は不要ですし、二の腕を締めるのにダンベルをわざわざ使ったトレーニングも不要です。

下半身をしっかりさせるために、スクワットで自分の体重を目一杯挙げる必要なありません。

年齢がいくつになっても身体は変わります。

ですから、あとはそれをどうやってトレーニングしたり、どのエクササイズを選択していくかです。

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

 

 

広告