こんばんは。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

前回の続きですが、最後は「上腕三頭筋は、肩と肘の動きに着目してほしい」という事をお伝えしました。

まだ前回のブログを読まれていない方は、こちらからご覧ください。

二の腕を細くしたいのなら、二の腕のエクササイズはやめましょう。

二の腕の太くなる原因は?

最初に二の腕が太くなる原因を探っていきましょう。

二の腕が太くなる原因は、いくつかありますが、大きく分けると、この3つです。

①脂肪がつく

②筋肉が太くなる

③浮腫み

※中には、これらの複合もありますが、話がかなり長くなってしまうので、外します。

①の原因に対しての解決方法は、単純で、身体全体的な減量を行えば少しずつ細くなります。

しかし、急激に減量してしまうと、たるみが目立ってしまうので、徐々に減量しつつ、たるまないように二の腕の筋肉を少し鍛えておくといいでしょう。

その場合は、二の腕のエクササイズを行ってあげる事をオススメします。

バッグの持ち方で変わる

では、②と③に関しては、どうすればいいのでしょうか?

②の解決方法からお伝えしていきますね。

今、読んでいる方にも考えてほしいでのですが、なぜ筋肉が太くなってしまったのでしょうか?

必ず結果があるという事は、原因があるのです。

この②の原因を探るためには、上腕三頭筋の作用を考える必要があります。

作用に関しては、前回のブログでもお伝えしましたが、肘を伸ばすのと、肩関節内転(腕を体側に寄せる)という作用です。

※肩関節内転は、長頭のみの作用です。

この動作を日常的に行っていると筋肉が太くなりやすいのですが、この動作を行っている事に心当たりはありませんか?

よく考えてみてください。。。

では、まず身体の横に腕をつけて手のひらを上に向けたまま、肘を直角まで曲げてみてください。

その形でバックとかを持ちませんか?

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0%e3%80%80%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%96%b9

よく、その様に持っている方を街中で見かけますし、その腕の態勢の時の二の腕を触ってみてください。

少し二の腕のお筋肉が硬くなっていませんか?

作用から考えると、硬くならないと思ってしまいますが、腕を身体の横にくっ付けてしまっている時点で、長頭が収縮している状態です。

もちろん、最大限に収縮している状態ではありませんが、これが長期間継続されたら、徐々にですが、太くなってしまいますよね。

そして、そこら更に肘をもう少し曲げて、肘を少し後ろに引いてみてください。

これもトートバックなどを肩からかけていると、この様な態勢になりますよね?

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%80%e3%82%82%e3%81%a1%e6%96%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0

つまり、日常的に二の腕を収縮させている状態を作ってしまっているのです。

普段からトートバックなどを持ち、先程のような持ち方しかできな場合は、必ずやってほしい事があります。

それは、毎晩二の腕のストレッチをしてほしいのです。

これを毎日して頂ければ、このバッグの持ち方で太くなる事に関しては、少しは防げると思います。

次回は③浮腫みについてお話ししていきますね。

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉 公式HP

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。
パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

広告